糖尿病119 公式サイト

 

「血糖値やヘモグロビンA1cが下がらない…」「糖尿病の合併症が心配で仕方がない…」

とお悩みではありませんか?実は、辛いカロリー制限による空腹感に耐えることなく、 好きなものをお腹いっぱい食べても血糖値が上がらない 画期的な食事法があります。 この食事法を実践すれば、早ければ2~3日、遅くても数週間で血糖値をコントロールすることが可能になります。 しかも、この食事法は誰でも簡単に自宅で取り組むことが可能です。 たった1つの“ある真実”さえ知っていれば…
 

なぜ、一般的な病院の治療法では糖尿病は良くならないのか?

このページをお読み頂いている方の多くは、おそらく病院やさまざまな治療院で糖尿病を改善させる努力をしてきたのに、なかなか病気が改善していないと切実にお悩みなのではないでしょうか。

あるいは、糖尿病予備軍と診断されて、何か良い治療法はないかと真剣に探していらっしゃるかものしれません。

さらには、既に糖尿病の合併症が併発してしまって、一刻も早くなんとかしないと危険だという状況の方もいらっしゃるかもしれません。

今、あなたがどのような状況にいようとも、ご安心ください

なぜなら、今回お伝えする食事法を実践して頂ければ、例えあなたが上記のどの状況にあろうとも病気や症状を改善させることができるからです。

そして、もしあなたが本気でこの食事法を学んで、継続してこの食事法を実践されるのであれば、この先ずっと血糖値は正常範囲内にコントロールされ、例え糖尿病であったとしても毎日を健康に暮らしていけるようになるのです。

もちろん、既に合併症の兆候があったとしても、その進行を食い止め、改善させることも可能でしょう。

なぜ、この食事法はそんなことを可能にできるのか?
一体、それはどのような食事法なのか?

これらのご質問にお答えするために、まずは現代の間違った糖尿病治療について知って頂きたいと思います。

現代の糖尿病治療の盲点に気が付けば、自ずとこの食事法がどれだけあなたを救ってくれる食事法であるのかをご納得頂けることでしょう。

まずは、なぜ一般的な病院の治療では糖尿病は良くならないのかを、あなたの目でご確認ください。

 

画期的な食事法の考案者について

荒木先生

この食事法は、兵庫県加古川市に所在する崇高クリニックの荒木院長によって確立されました。

もともと荒木院長は、アメリカのハーバード大学で臨床栄養学を研究されていましたが、当時、栄養学を研究されていた最大の理由はガン治療のためでした。

その研究を進めていくうちに、ガン細胞が成長するエネルギー源となっているのが“糖質”であるということを突き止め、そしてさらに、“糖質”が私たちの身体のあちこちで悪さをしていて、いわゆる生活習慣病の根源となっているということを実証しました。

現在、インターネット上には、本当にさまざまな病気に関する記事がありますが、ハーバード大学でも教鞭をとられていた程の医師による信頼できる情報は皆無に等しいです。

崇高クリニックでは、荒木院長の指導のもと、既に本当にたくさんの患者さんがこの食事法を知って健康を取り戻しています。

あなたもこの食事法を知って、健康に不安のない毎日を取り戻してください。

崇高クリニック院長荒木裕の略歴

1962年 京都大学医学部卒
1967年 京都大学医学部大学院卒
1968年 大阪北野病院勤務
1971年 アメリカハーバード大学付属 小児病院脳神経外科研修医
1973年 アメリカハーバード大学医学部 臨床栄養学部助教授
1976年 アメリカ国立公衆衛生研究所(NIH)客員研究員
1977年 アメリカサウスカロライナ大学 医学部勤務
1983年 崇高クリニック開設

 
 

運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム