生活習慣を改善し、糖尿病を治療する

糖尿病に関するお役立ち情報

生活習慣を改善し、糖尿病は治療できる


糖尿病とは、高血糖といって血液中に通常以上のグルコース(ブドウ糖)が存在している状態を言います。

膵臓から分泌されるインスリンが、血液中のグルコースを速やかに細胞へ取り込みます。
しかし、糖尿病の方の場合、膵臓のインスリンを分泌する細胞(ランゲルハンス島のβ細胞)が正確に機能せず、うまくインスリンが分泌されません。
そのためグルコースは細胞内に取り込まれず、血液中に長期で存在することになるのです。

なぜ、膵臓のインスリンを分泌する細胞が機能しなくなるのでしょうか。
これは、日常的な食べ過ぎ、アルコールの飲みすぎに関連しています。

人間は通常、食事をしたあと血糖値が上昇します。
これを食後血糖値(PPG)と言います。

グルコースを細胞に取り込むインスリンは、食事の後に膵臓から分泌されていきます。
しかし、暴飲暴食が日常化していくと膵臓のインスリンを分泌する細胞は、インスリンの出し過ぎによって疲弊していくのです。

その結果、インスリンの分泌が悪くなり、生活習慣病である2型糖尿病となっていきます。

この2型糖尿病を改善するには、糖質をカットした食生活十分な睡眠適度な運動禁煙などの生活習慣を見直す必要があります。

グルコースが細胞に取り込まれずに血液中に存在すると、微小血管(Microvascular)を壊し、網膜症(Retinopathy)、糖尿病性腎症(Nephropathy)、糖尿病性神経障害(Neuropathy)などの合併症を併発する可能性が高くなります。

何といっても糖尿病は、これらの合併症が一番恐ろしいのです。
上記の症状が進行すると失明、慢性陣疾患、壊疽による足の切断に発展していきます。

生活習慣を見直して糖尿病を改善していきましょう。

465_60

このカテゴリーの関連コンテンツ

運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 糖尿病に関するお役立ち情報 ≫ 生活習慣との関係とは・・・