肥満改善で糖尿病を克服

糖尿病に関するお役立ち情報

糖尿病を克服するための、肥満改善方法


糖尿病と肥満には強い相関関係があります。

現代人は、過食や運動不足で肥満になりがちです。肥満になると、耐糖能(グルコースを処理する能力が低下)障害などの、軽い糖尿病状態になる人が増えますが、初期のうちに肥満を解消すれば容易に正常な状態に戻ることが可能です。

しかし、そのまま肥満を放置し続けると、糖尿病になってしまう可能性が高くなります。
このような、明らかに肥満が原因で発症する糖尿病は「肥満糖尿病」と呼ばれています。

肥満かどうかは、体内に占める脂肪の割合で決まります。
しかし、体脂肪だけを正確に測定するのは困難であるため、簡単に計算できるボディーマス指数(Body mass index:BMI)を使用し、肥満の程度を判定する方法が一般的になりました。

BMIは、[体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)]で計算されます。この計算結果が22に相当する体重が標準体重です。なぜかというと、その体重が最も病気になりにくい、統計的に理想的な体重だからです。

BMI25kg/m2 以上だと「肥満」となります。

BMI25以上が肥満とされるのは、25を超えると、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が起きやすくなるためです。最近の研究ではBMIが27で、糖尿病になる危険は正常BMIの2倍になることがわかりました。

肥満になると、インスリン分泌の必要性が増すため、糖代謝を支える膵臓などの各組織が、それぞれフル活動し、肥満という事態に対応します。
しかし、肥満の状態が長引くと、糖代謝のサイクルが正常でなくなり、糖尿病が発症してしまうのです。
BMI25以上の方は24以下になるようにして肥満を改善していくことが重要になります。糖尿病の改善のためには、肥満を改善することが優先されるのです。

465_60

このカテゴリーの関連コンテンツ

運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 糖尿病に関するお役立ち情報 ≫ 肥満改善すると・・・