ビタミンCを摂取して、糖尿病を改善

糖尿病に関するお役立ち情報

ビタミンCが糖尿病にもたらす「ある効果」とは?


ビタミンCは糖尿病の患者に良い「ある効果」があります。
それは、ビタミンCが糖の代謝に貢献するという効果です。

そのメカニズムは次の通りです。

もともと糖尿病は、インスリンの働きが悪いことで起こり、血液中のグルコースがエネルギーに変える(ATP産生する)ことができない症状を言います。
言いかえれば、血糖値が下がり糖の代謝さえ上手く行けば、症状を抑えられることになります。

糖尿病の方は、普通の方よりも体内でのビタミンCの量が少なくなっていると言われています。

そのことで、糖の代謝にも影響が出てくるのです。
また、一番懸念する事は合併症になってしまうことです。
特に糖尿病の場合は、毛細血管などが弱くもろくなっていきます。ビタミンC不足も血管を弱くしていきます。
高血糖とビタミンC不足の両方の影響でますます血管が弱くなり、合併症になりやすく、重症になりやすい体質になっていきます。

日頃からの食生活管理が大切な糖尿病なのですが、一番大切なことは、糖代謝を早めることです。
糖代謝を正常にするには「食後の運動」、「食事内容の改善」、「医師の指示に従う」など様々な方法があります。

ビタミンCを積極的に摂取することで糖代謝を促進し、また血管を改善して糖尿病の合併症を予防していきましょう。

465_60

このカテゴリーの関連コンテンツ

運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 糖尿病に関するお役立ち情報 ≫ ビタミンCとの関係