糖尿病は有酸素運動が大事

糖尿病に関するお役立ち情報

糖尿病と運動習慣の関係とは?

糖尿病予防と改善のため、欠かしてはならないのが運動療法と食事のカロリー管理です。特に適度な運動は代謝を高め、余分なエネルギーの燃焼に役立ちます。
また、血液循環をよくてくれ、心身のストレス発散にもよいのです。

運動するのに最も効果的なタイミングは食事の後です。糖尿病の人は食後の血糖値が下がるスピードが遅く、高血糖状態が長く続きます。この状態が続くと網膜や腎臓の小血管(micro vascular)に障害をひき起こすようになります。
また動脈硬化や脳梗塞などの合併症も起こしやすくなります。

しかし、食後に運動を行うことで、より速やかに血糖値を下げることができるのです。食事のすぐ後は胃に血液が集まっており、心臓の血液量が少なくなっています。
そのため、急に運動をすると、心筋梗塞のリスクを高めてしまうので注意が必要です。食後30分~1時間経った頃に行うのがベストです。

朝、行う場合は必ず水分を摂ってからにしましょう。朝の起床時は、血液がドロドロになっていますので、心筋梗塞を起こす危険があります。また血糖値を下げる薬剤を服用している方は、食前に体を動かすと低血糖になりやすいので気をつけましょう。

「少しでもたくさんエネルギーを消費したい」という気持ちはわかりますが、あまりハードな運動はお勧めできません。最も効果的な運動は、ウォーキングやスイミング、軽いジョギングといった「有酸素運動」です。
有酸素運動は、体内に大量の酸素を取り込むため、長時間続けることができるのです。運動の頻度は週に3日~5日であり、時間の目安は30分~1時間くらいです。運動習慣を続けていけば血糖値は自然に下がっていくでしょう。
また糖尿病の予防にも大いに役立ちます。

465_60

このカテゴリーの関連コンテンツ


運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 糖尿病に関するお役立ち情報 ≫ 糖尿病と運動習慣の関係