糖尿病を改善するビタミンB

糖尿病に関するお役立ち情報

ビタミンBで糖尿病が改善するある秘密とは?

ビタミンBの摂取で血糖値を改善することが出来ます。

ビタミンのなかでもB1は、主に炭水化物の代謝を助けてエネルギーを産生するほか、筋肉疲労時にたまる乳酸の燃焼にも関与するビタミンです。

糖尿病予備軍の人や内臓脂肪が気になる人は、不足しないように十分に摂取する必要があります。

ビタミンB1が十分でないと、糖はエネルギーとして使われず、血糖値の上昇につながってしまいます。また、グルコースを円滑に代謝してエネルギーに代えることができないので、疲れやすくなります。ビタミンB1が「疲労回復のビタミン」といわれる所以ですね。

ビタミンB2は脂質の代謝を促進し、エネルギーを産生するほか、細胞の発育と正常な働きに欠かせないため「成長ビタミン」ともいわれます。不足すると脂肪が蓄積してインスリンの働きが鈍くなり、グルコースが細胞に取り込まれなくなります。

血糖値が高めの人は脂質の代謝も悪くなっている場合が多いので、脂質異常症や動脈硬化などの合併症になる可能性が高いです。それらの予防のためにもビタミンB2が必要です。ビタミンB1とB2はセットでしっかり補給することが大切となります。

ビタミンB1は、豚肉、小麦胚芽や玄米などの穀類、落花生や大豆などの豆類・種実類などに多く含まれます。特に豚肉のビタミンB1含有量は豊富ですので、補うにはもってこいの食品です。

ビタミンB2は、レバー、牛乳・乳製品、卵、納豆、うなぎ、さば、ぶり、いわし、かれい、まいたけなどに多く含まれます。

ビタミンB1、B2は水溶性で熱にも弱く、光やアルカリによって壊れやすいので常に多めに摂らないと、不足気味になってしまいます。さらに多量に摂っても排泄されるため、過剰症の心配はありません。摂取が足りない分はサプリメントで補いましょう。ビタミンBの摂取で糖尿病を改善し、予防していきましょう。

465_60

このカテゴリーの関連コンテンツ


運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 糖尿病に関するお役立ち情報 ≫ ビタミンBでよくなる?